ファイザー、2017年度は売上減も成長製品に手応え

 米Pfizer社の日本法人であるファイザーは2018年3月1日、2017年11月期の業績発表記者会見を開催。2017年12月に新社長となった原田明久氏は、「会社の業績には成長が最も重要だ。成長というのは、新薬のこと。そこに自分の努力を集める。新薬の開発を加速して、できるだけ早く日本で革新的な薬を出していく」と抱負を述べた。ただし、目標となる数字や業界内での売り上げ順位への言及は避けた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)