ニコン、マイクロ流路で1細胞ずつ自動培養できる装置開発の米企業と提携

 ニコンと同社子会社のニコンインステックは、2018年2月28日、1細胞の培養や評価、選別を行える装置「Beacon」を開発した米Berkeley Lights社と細胞関連分野において戦略的な業務提携を行うと発表した。ニコンはBerkeley社に対し、2016年10月に続きさらなる出資を行うとともに、ニコンインステックが、Beaconを国内で独占的に販売する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)