PMDA、医療情報DBの運用開始に先立ちシンポジウムを開催

 医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、2018年4月から医療情報データベースであるMID-NETの本格的な運用を開始することを受け、2018年2月26日、製薬企業の開発者やアカデミアの研究者向けに「医療リアルワールドデータ活用の幕開け」と題したMID-NET運用開始記念シンポジウムを開催。PMDAやアカデミア、日本製薬団体連合会、日本医療研究開発機構(AMED)、内閣官房などが講演を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)