California大Knight氏に聞く、腸内細菌叢の創薬応用は4つのアプローチ

 一般社団法人ライフサイエンス・イノベーション・ネットワーク・ジャパン(LINK-J)は、2018年1月25日、「マイクロバイオーム研究開発の最前線」と題したセミナーを開催。同セミナーに合わせて来日した、米University of California San Diego工学部(コンピューター科学・工学科)教授兼医学部(小児科)兼マイクロバイオームイノベーションセンター創設ディレクターを務めるRob Knight教授は、2018年1月26日、腸内細菌叢を応用した創薬や診断薬開発の可能性について本誌の取材に応じた。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)