米Merck社は2018年2月21日、腫瘍溶解性ウイルスを用いた免疫療法の開発を手掛けるオーストラリアViralytics社を買収したと発表した。買収手続きは、2018年第2四半期に進められる予定で、手続き完了後はViralytics社が完全子会社化され、同社が開発中の腫瘍溶解性ウイルス「CATAVAK」(CVA21)の全ての権利をMerck社が獲得する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)