LSIや国がんなど、抗癌剤の効果の情報ひも付けたPDXライブラリー構築へ

 非臨床試験の受託などを行うLSIメディエンスと、国立がん研究センター、国立医薬基盤・健康・栄養研究所は2018年2月21日、日本人の癌患者由来移植片(Patient-derived xenograft:PDX)のライブラリーを構築する共同研究事業を開始すると発表した。国立がん研究センターは、腫瘍組織を提供した患者が、その後、抗癌剤治療を受けた際の結果も取得。治療効果とひも付けたPDXを用意する。国立がん研究センターの間野博行研究所長は、「臨床データをひも付けたPDXは、世界中でもほとんど無い」と強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)