キャンバス、臨床入りした2つのパイプラインについて、開発は順調に進む

 キャンバスは2018年2月22日、2018年6月期第2四半期の決算説明会を開催。CBP501および、導出したCBS9106の治験が順調に進んでいることを強調した。同社はカルモジュリンモジュレーターのCBP501とCBS9106の2つの臨床入りしたパイプラインの他、研究段階の複数のパイプラインを持つ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)