窪田製薬、エミクススタトでスタッガード病を対象のフェーズIIIを2018年第4四半期から開始

 米Acucela社を傘下に持つ窪田製薬ホールディングスは2018年2月21日、2017年12月期の決算説明会を開催。エミクススタトのスタッガード病での開発について、日欧でも自社で開発を手掛けると話した。同社が米国以外での開発に言及したのは初めて。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)