胎盤由来の幹細胞を利用し、他家キメラ抗原受容体T細胞(CART療法)などの開発を目指す米Celuarity社は、2018年2月15日、2億5000万ドルの資金を調達し、事業を正式に開始すると発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)