Bloom Technology、ニッセイ・キャピタルから2億円を調達

 細胞傷害活性を有する終末糖化産物(Advanced Glycation End Products:AGEs)に対する抗体開発などを手掛けるBloom Technology(熊本市中央区、齊藤英樹代表取締役)は、2018年2月20日、ニッセイ・キャピタルを引受先とする第三者割当増資で、2億円を調達したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)