米大統領経済諮問委員会(CEA)は、2017年2月9日、かねて社会問題化している医療用医薬品の価格高騰問題について報告書をまとめ、その中で、米国の消費者は海外に比べ、高い価格で薬剤の購入を余儀なくされていると指摘、「海外での安い薬価を制限する必要がある」との提言を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)