富士フイルムRIファーマは、2018年2月19日、難治性褐色細胞腫を対象とした治療用放射性医薬品「F-1614」(3-ヨードベンジルグアニジン(131I))のフェーズIIを国内で開始したと発表した。



この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)