1回の反応で何千もの遺伝子ライブラリーを低コストで合成するマルチプレックス遺伝子合成法が開発された。米University of Californiaのロサンゼルス校(UCLA)のSriram Kosuri氏らの研究グループが開発した「DropSynth」で、2018年1月4日のScience誌オンライン版に報告された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)