カイオム小林社長、「ADLibシステムにこだわらずに抗体を取得して創薬を目指す」

 カイオム・バイオサイエンスは2018年2月16日、2017年12月期の決算説明会を開催。小林茂社長は「従来はヒトADLibという独自の抗体作製技術を基に技術ライセンスをして収入を得てきたが、今後は、抗体を扱う会社としてものを出していくのが重要」として、今後、創薬に軸足を移していくことをあらためて強調した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)