スコットランドTC社、ニプロと提携の自家CART療法は血液癌対象に開発

 ニプロが導入したキメラ抗原受容体T細胞(CART)療法の研究開発を行うスコットランドTC BioPharm社は、2018年2月14日に神奈川県川崎市殿町のライフイノベーションセンター(LIC)の4階に入居した。同社のMichael Leek社長は同日、神奈川県の黒岩祐治県知事を表敬訪問し、その後記者会見を開催。ニプロが導入した同社のCART療法「ImmuniCAR」などについて話した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)