ソレイジア、SP-04は日本を含むアジアと中国とで別々に開発へ

「導出は相手があればいつでも」
(2018.02.15 08:00)1pt
久保田文

 ソレイジア・ファーマは、2018年2月13日、2017年12月期の決算説明会を開催。2017年11月にスウェーデンPledPharma社から導入した「PledOx」(calmangafodipir、SP-04)について、今後、日本を含むアジアと、中国と、それぞれ別々に開発を進める方針を明らかにした。【訂正】中国で承認申請しているSO-01への中国当局からの問い合わせの時期について、発言内容に誤りがございましたので「2017年中」と訂正しました。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧