ペプチドリームは2018年2月8日、開発を進めていた抗インフルエンザウイルス特殊環状ペプチド「PD-001」の前臨床試験が終了したと発表した。基盤技術であるPDPS(Peptide Discovery Platform System)を用いた創薬共同研究開発契約がメーンだった同社にとって、PD-001は独自で手掛ける初めての医薬品。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)