タカラバイオ、ベクター製造能力を2000Lスケールに拡大へ

 タカラバイオは、2018年1月30日、滋賀県草津市の本社地区に、再生医療等製品の研究と製造を行う施設を新たに建設することを発表した。新施設では、ベクターの製造量が従来の50Lスケールから2000Lスケールに増大する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)