塩野義の新規インフルエンザ薬、厚労省第二部会が承認を了承

 塩野義製薬の新規インフルエンザ治療薬「ゾフルーザ」(一般名;バロキサビル マルボキシル)が、2018年2月2日に開かれた平成29年度第7回薬事・食品衛生審議会医薬品第二部会(部会長:清田浩・東京慈恵会医科大学葛飾医療センター泌尿器科教授・診療部長)で審議され、承認が了承された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)