米Aradigm社は2018年1月29日、非嚢胞性線維症性の気管支拡張症(NCFBE)で、慢性的な肺の緑膿菌感染を起こした患者に対する治療薬として承認申請中の「Linhaliq」について、米食品医薬品局(FDA)から審査完了報告通知(CRL)を受領したと発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)