JSRは、2018年1月30日、慶應義塾大学から慢性炎症性腸疾患の治療と診断に関わる研究成果の独占的使用権を取得したことを発表した。また、イスラエルBiomX社に対して、バクテリオファージを用いた治療薬への応用に限定した独占的再実施許諾を行った。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)