米Eli Lilly社が開発していたヒト化抗Aβモノクローナル抗体のソラネズマブを、アルツハイマー病(AD)による軽度の認知症患者に投与したフェーズIII(EXPEDITION3試験)の詳細な結果が明らかになった。米Columbia大学医療センターのLawrence S. Honig氏らが、2018年1月25日、同試験の詳細な結果をNEJM誌に報告した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)