デジタル創薬の中国XtalPi社、米Google社などから約16億円を調達

 米国と中国を拠点にデジタル創薬を手掛けるXtalPi社は、2018年1月23日、シリーズBラウンドの資金調達で1500万ドル(約16億3000万円)を獲得したと発表した。シリーズBは中国Sequoia社が主導。シリーズAを主導した中国Tencent社の他、米Google社が参加した。既に出資している中国のベンチャーキャピタルZhenFund社、FreeS Fund社の出資分も含め、これまでに調達した資金の総額はAI×バイオテクノロジーの分野でトップ企業と肩を並べる2000万ドル(約21億7000万円)超に達した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)