大塚製薬工場、カプセル化ブタ膵島開発するDIATRANZ社の全株式取得へ

 大塚製薬工場は、2018年1月25日、同社がニュージーランドLiving Cell Technologies(LCT)社と折半出資している合弁会社ニュージーランドDIATRANZ OTSUKA社について、LCT社が保有する全株式(50%)を取得するため、同社と株式譲渡契約を締結したと発表した。DIATRANZ OTSUKA社は、カプセル化ブタ膵島細胞「DIABECELL」の開発を手掛けている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)