ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ、大うつ性障害バイオマーカーの論文発表

 ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ(山形県鶴岡市)は、メタボローム解析の技術によって同定したバイオマーカーの臨床研究の結果を、このほど日本精神神経学会の学術雑誌Psychiatry and Clinical Neurosciences誌に報告した。うつ病は診断が難しく、適正な治療を行うためには正しく診断できることが重要。同社は今回の結果を受けて。簡便に使用できる検査キットを開発する予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)