米研究者、ctDNAで8種類の癌をスクリーニングする検査法開発

 米Johns Hopkins Kimmel Cancer Centerの研究者らは、患者数が多い8種類の癌を1回の血液検査でスクリーニングし、癌の部位も特定できる検査法「CancerSEEK」を開発した。研究成果は、2018年1月18日、Science誌のオンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)