富士フイルムは2018年1月18日、FUJIFILM Diosynth Biotechnologies(FDB)が進めているバイオ医薬品の開発・製造受託事業(CDMO)の米国テキサス拠点FUJIFILM Diosynth Biotechnologies Texas(FDBT)で、新生産棟を稼働させたと発表した。抗体医薬を製造する動物細胞培養タンク2基が運転を開始した。英国拠点と連携し、独自の技術基盤「Saturn mAbプラットフォーム」を活用したCDMOの事業推進を強化する。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)