長瀬産業、独自酵素で大豆PSを国内外で事業化

 長瀬産業が6年前から事業展開している大豆由来ホスファチジルセリン(大豆PS)が、記憶力を維持する機能性表示食品として2018年春に商品化される。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)