ヤンセンファーマは2018年1月15日、国立精神・神経医療研究センター(NCNP)、富山大学、東邦大学、奈良県立医科大学、久留米大学、および千葉大学と統合失調症のバイオマーカーに関する共同研究を実施すると発表した。統合失調症の発症予防、機能低下予防のために重要な診断精度の向上に寄与するバイオマーカーを確立する。共同研究期間は2020年12月までの予定だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)