米食品医薬品局(FDA)のScott Gottlieb長官は、2018年1月9日、FDAの薬事行政および承認状況について2017年の回顧および2018年の展望を内容とする声明を発表、この中で、2017年は初の遺伝子治療を承認した他、新薬56剤を承認するなど、イノベーションの進歩に貢献した1年だったとの考えを示した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)