窪田製薬ホールディングス傘下の米Acucela社は2018年1月15日、スタッガード病および増殖糖尿病網膜症を対象としたエミクススタトのフェーズIIの結果を発表した。いずれも有効性は示唆されたものの、同社では開発のしやすさなどを鑑みてスタッガード病での適応の開発を先行させる。今後、自社開発、パートナーとの共同開発の双方を視野に入れて計画を進めていく。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)