アステラス・アムジェン・バイオファーマは2018年1月9日、二重特異性抗体ブリナツモマブを厚生労働省に承認申請したと発表した。アステラス製薬と共同開発中のCD19とCD3を標的とするT細胞誘導抗体で、適応症は再発、または難治性のB細胞性急性リンパ性白血病(B-ALL)。2017年9月29日から希少疾病用医薬品に指定されている。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)