窪田製薬ホールディングスは2018年1月9日、傘下の米Acucela社がドイツSIRION Biotech社と網膜色素変性症の遺伝子治療に関する共同開発契約を締結したと発表した。Acucela社は2016年4月に、英University of Manchesterから網膜色素変性症に対する遺伝子治療の開発・販売に関する独占権を取得している。今回の共同開発契約は、この遺伝子治療の開発のためのもの。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)