米Johnson&Johnson社傘下のJanssen Biotech社は2017年12月21日、中国Genscript Biotech社の子会社のLegend Biotech社とB細胞成熟抗原(BCMA)標的キメラ抗原受容体発現T細胞(CART)療法LCAR-B38Mのライセンス契約を締結し、多発性骨髄腫を対象として全世界における開発、製造、販売で協働すると発表した。現在、中国の国家食品薬品監督管理総局(CFDA)がLCAR-B38Mの臨床試験申請を審査中で、米国でも複数の臨床試験を実施する計画だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)