米ICER(Institute for Clinical and Economic Review:臨床経済的評価研究所)は、2017年12月19日、CD19を標的とする抗CD19キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法の薬価に関するエビデンスリポートの草稿を公開した。対象となったのは、スイスNovartis社の「Kymriah」(tisagenlecleucel)と、米Kite Pharma社/Gliead Sciences社の「Yescarta」(axicabtagene ciloleucel)だ。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)