武田が国内開発権持つ抗癌剤、米Exelixis社が米国で適応拡大で承認取得

未治療の進行腎細胞癌(RCC)患者を対象
(2017.12.25 08:00)1pt
森下紀代美

 米Exelixis社は2017年12月19日、マルチキナーゼ(MET、AXL、VEGFR、RET)阻害薬の「CABOMETYX錠(cabozantinib)」について、米食品医薬品局(FDA)が未治療の進行腎細胞癌(RCC)患者を対象とする適応拡大を承認したと発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧