厚労省、AMED対象経費に475億円、厚労科研費には82億円

 厚生労働省は、2018年度予算で、日本医療研究開発機構(AMED)対象経費として、前年度当初予算比と同額の475億円を確保した。また、厚生労働科学研究費補助金(厚労科研費)には、前年度当初予算比10億円増の82億円を計上した。政府が、2017年12月22日、2018年度予算案を閣議決定したことを受けて発表された(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
※Mmの憂鬱Premium会員が閲覧できるのは「Mmの憂鬱Premium」のコラム記事だけです
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)