理化学研究所生命システム研究センターの一細胞遺伝子発現動態研究ユニットの谷口雄一ユニットリーダー、集積バイオデバイス研究ユニットの田中陽ユニットリーダーらの共同研究チームは、遺伝子発現や細胞分裂速度などの細胞個性を1細胞ごとにハイスループット解析する微細構造体を作製し、大腸菌の増殖を細胞個別に測定することに成功した。本研究成果は、2017年12月21日のScientific Reportsオンライン版に掲載された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)