中医協、薬価制度の抜本改革を承認、新薬創出加算対象は大幅減へ

 厚生労働省は、2017年12月20日、中央社会保険医療協議会(中医協)総会を開催。2018年度診療報酬改定に向け、中医協薬価専門部会で検討が進められてきた「薬価制度の抜本改革にかかる骨子」について、承認した。これに対して複数の業界団体は同日、抜本改革を批判する緊急声明を相次いで発表した。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)