エディジーン(東京・中央、森田晴彦代表取締役CEO)は2017年12月19日、富士フイルムおよびベンチャーキャピタル8社より総額15億円を調達したと発表した。エディジーンはCRISPRを用いて、疾患の原因遺伝子に直接働き掛ける治療法の開発を目指している(参考記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)