Sanofi社など、扁平上皮癌対象の抗PD1抗体PIIの中間解析で好結果

2017年9月に画期的治療薬に指定
(2017.12.20 08:00)1pt
大西淳子

 米Regeneron Pharmaceuticals社とフランスSanofi社は、2017年12月13日、ヒト抗PD1モノクローナル抗体cemiplimab(REGN2810)を皮膚の扁平上皮癌(CSCC)患者に適用した、ピボタル試験となるフェーズIIであるEMPOWER-CSCC1の中間解析で、好結果が得られたと発表した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧