米BMS社、英PsiOxus社から導入した腫瘍溶解性ウイルスを欧州で臨床試験へ

成果達成報酬をBMS社から獲得
(2017.12.21 08:00)1pt
大西淳子

 英PsiOxus Therapeutics社は、2017年12月12日、固形癌を対象とする、腫瘍溶解性ウイルスNG-348に関する臨床試験実施申請(CTA)が欧州で承認され、米Bristol-Myers Squibb(BMS)社から1500万ドルの成果達成報酬を得る見込みだと発表した(関連記事)。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧