進行全身性肥満細胞症(AdvSM)に対して、KIT CD816V変異に高度選択的な阻害薬Blu-285(avapritinib)が有望な可能性があることが分かった。フェーズI試験で忍容性が確認され、一部の患者で抗腫瘍効果が確認された。12月9日から12日までアトランタで開催された米国血液学会(ASH2017)で、米Dana-Farber Cancer InstituteのDaniel J. DeAngelo氏によって発表された。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)