米国製「カップヌードル」、ロシアで回収命令

大豆の組換え比率が0.9%以上なのに表示無し
(2017.12.15 08:00)1pt
河田孝雄

 ロシア消費監督庁が、日清食品グループの米国工場で生産された「日清カップヌードル」に遺伝子組換え大豆(ダイズ種子)が規定比率以上に含まれているのに表示がされていないとして、食品の回収を命じた。ロシアの通信社であるSPUTNIK社が報じた。2015年3月開設のSPUTNIK社の日本語版ウェブサイトでは2017年12月12日夕方に記事を掲載、その後、12月13日夕方に更新した。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧