JCRファーマ、独自のBBB通過技術を用いた酵素製剤のフェーズI/IIが成功

 JCRファーマは、2017年12月13日、独自の血液脳関門(BBB)通過技術「J-Brain Cargo」を適用したハンター症候群治療酵素製剤JR-141の国内でのフェーズI/IIについて、安全性が確認されたとともに、中枢神経系症状のマーカーの減少が確認できたとの速報結果を発表した。同社がJ-Brain Cargoを用いた医薬品のヒトでのデータを示したのは今回が初めて。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)