化血研、3事業を譲渡するのに“一部”事業譲渡のワケ

 化学及血清療法研究所(化血研)は、2017年12月12日、臨時評議員会の後、理事会を開催し、新会社を設立し、ワクチン事業、血漿分画製剤事業、動物薬事業の3事業(営利事業のみ)を現物出資などで承継した上で、新会社の全株式を、明治グループ(49%)、熊本県企業グループ(49%)、熊本県(2%)に譲渡するための基本合意書を締結することを決議した(関連記事)。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)