東大生研に価値創造デザイン推進基盤、英RCAから転任の教授ら新任2教員も会見

 東京大学生産技術研究所(東大生研、IIS)は2017年12月1日、価値創造デザイン推進基盤(以降、デザイン基盤と略記)を付属研究施設として新設した。12月11日に都内で新設の狙いなどを紹介する記者会見を開催し、9月1日着任のMiles Pennington教授(英Royal College of Art教授から異動)と10月1日着任の尾崎マリサ特任准教授(米Massachusetts Institute of Technologyメディアラボ助教から異動)も登壇した。尾崎マリサ氏は現代美術家のスプツニ子!(Sputniko!)として知られる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)