GSK、日本で癌領域に再参入し、2018年上期より抗癌剤の治験を開始

 英GlaxoSmithKline(GSK)社の日本法人であるグラクソ・スミスクラインは2017年12月5日、記者説明会を開催。2017年4月に代表取締役社長に就任した菊池加奈子氏が今後の方向性について説明、2015年にスイスNovartis社に移管した癌領域について再参入し、2018年には日本で治験を開始することを明らかにした。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)