GSK、日本で癌領域に再参入し、2018年上期より抗癌剤の治験を開始

(2017.12.07 08:00)1pt
山崎大作

 英GlaxoSmithKline(GSK)社の日本法人であるグラクソ・スミスクラインは2017年12月5日、記者説明会を開催。2017年4月に代表取締役社長に就任した菊池加奈子氏が今後の方向性について説明、2015年にスイスNovartis社に移管した癌領域について再参入し、2018年には日本で治験を開始することを明らかにした。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧