成育医療セ東医長、ヒトiPS・ES細胞由来の視神経細胞で薬効判定に成功

軸索を保持した成熟ヒト視神経細胞を作製、多能性幹細胞の種類問わない普遍的技術
(2017.12.06 08:00)1pt
川又総江

 国立成育医療研究センター病院眼科医長・視覚科学研究室長の東範行医長の研究グループは、2015年に成功したヒトiPS細胞からの視神経細胞の作製に引き続き(関連記事)、ヒトES細胞でも同じ技術を活用できることを確認し、いずれの細胞を用いてもin vitroで薬効を判定することに成功した。従来の動物由来視神経細胞の単離培養ではできなかった十分な長さの軸索(神経線維)付き視神経細胞を取得でき、多能性幹細胞の種類を超えた世界初の技術だ。本研究成果は、英国時間2017年12月1日のScientific Reportsオンライン版に掲載された。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧