厚労省第一部会、EAファーマの日本発慢性便秘症薬などの承認を了承

ノボのGLP1受容体作動薬は継続審議に
(2017.12.06 08:00)1pt
久保田文

 厚生労働省は2017年12月5日、薬事・食品衛生審議会医薬品第一部会を開催。4品目の新規承認、2品目の一部変更承認が了承された。また、ノボノルディスクファーマが承認申請していた、GLP1受容体作動薬の「オゼンピック皮下注」(セマグルチド)が継続審議となった。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧